「FIFA 19」のダイナミック戦術

FIFAチームをより細かくコントロールし、現実世界で毎週お気に入りの監督がやっているような戦術的調整を行いたいと思ったことはありますか? それなら、FIFAに登場した試合準備の最新アップグレード、ダイナミック戦術を気に入るはずです。この「FIFA 19」の新機能では、試合前や試合中を問わず、チーム戦術をより深くコントロールできるようになります。あなたが設定した変更と調整は、どれだけ些細なものでも選手によって実行されます。ピッチ上でぜひご覧ください。

あらゆる事態に備えよう

試合前の準備はより深く、かつお馴染みのカスタマイズ機能として戻ってきました。選手を選び、フォーメーションを設定し、役割を割り当て、ガイドを与え、戦術をカスタマイズできます。ただし、「FIFA 19」のダイナミック戦術では、試合中に切り替えられる複数のゲームプランを作成できます。

試合前のプランを作成する際のオプションは、カスタムゲームプランに割り当てられます。つまりチームのプレイスタイルを変えたい時、常にポーズメニューを開き続ける必要はありません。ダイナミック戦術は、より奥深い戦術のカスタマイズも可能にします。様々なスライダーを使って、攻撃や守備の様々なアプローチを調整できます。あなたのカスタムゲームプランは、コンソールの場合なら方向パッドや方向キーに割り当てられます。試合中、すぐに変更が可能です。

チェスのような動き

戦術はFIFAシリーズで長らく重要な要素でしたが、ダイナミック戦術はシステム全体を大きく変え、チームの設定をこれまでにないほど重要にします。チームはあなたのアプローチを実行し、ピッチ上でどのように実現されるかを視覚的に確認できます。例えば、ポゼッションをベースにした戦術を選んだとしましょう。選手たちはチームメイトをサポートし、パスカットされにくいパスコースを作ります。もしビルドアップをより早く行うように調整した場合、選手たちはより早くオーバーラップし、リスクを冒してより早くチャンスを作ろうとします。

あらゆるプレイヤーがこれを利用できます。戦術は完全にバランスがとられており、あらゆるアプローチには効果的な反撃策があります。相手が使っている戦術を察知したら、自分の戦術を変更して試合中すぐに対応可能です。

バスを動かす

新しい戦術オプションが、プレイヤーのフィードバックに応じて追加されました。より人気があり、難しい戦術に対処することを意図したものです。もし「バスを駐車させて」守りを固めるチームと対戦した場合、「トラップが大きい時にプレス」を選択できます。選手たちは相手に激しいチェイスを行い、リスキーなプレイを相手に強制します。

チーム戦術をより細かく操作したい場合も、あらゆる状況に備えてゲームプランを用意したい場合も、試合中ゲームを止めずに戦術を変更したい場合も、「FIFA 19」の新しいダイナミック戦術機能は役立つはずです。


「FIFA 19」で最もエキサイティングかつゲームプレイに役立つ革新的な機能の1つが、タイミングフィニッシュです。全く新しいこのシステムは、1回多く、タイミング良くボタンを押すだけで、あらゆるシュートをワールドクラスのシュートに変えられます。名前のとおり、この機能ではタイミングが特に重要となり、「FIFA 19」のシュートに新たなリスクとメリットの要素を加えます。
https://www.easports.com/jp/fifa/news/2018/fifa-19-gameplay-dynamic-tactics
ようやくFIFAも可変フォメや高度な戦術設定が出来るようになりました。リアルを反映するNo.1サッカーゲームにしては遅すぎるという印象。競争相手あって進化でしょうか?

ウイイレの話になりますが、私はCPU戦において可変フォメや試合中の戦術設定を、さほどいじらないでプレイしていたので、その効果は??です。オンライン対戦もしないので、その辺大変疎いです。
CPU vs CPUでは、色々おかしなフォメを試したりしておかしな動きをするCPUを堪能しましたが・・



EAサイトより
あらゆるアプローチには効果的な反撃策があります。相手が使っている戦術を察知したら、自分の戦術を変更して試合中すぐに対応可能です。
 
私は選手操作で手いっぱいなので、戦術いじる余裕はないです。戦術で裏をかいたりとかウイイレの対戦で頻繁に行われていたのでしょうか?それがFIFAにも導入される。ますます対戦が複雑化&リアル化しますな。奥深くなる

シリーズによって効果的な攻撃がありますが、それに戦術が加わる。さまざまな戦術論が語られることでしょう。


補足:
EAサイトより
「バスを駐車させて」守りを固めるチームと対戦した場合、「トラップが大きい時にプレス」を選択できます。

たぶんバスに乗っているかの如く集団で動き、ゴール前で駐車して守備するということなのでしょうか?(ロシアWCの中小チームの超守備的戦術)それをサッカー用語で、バスを駐車させるというのだろうか。
たまにEA.jpの訳の文は分からんとこがある。だから前回のタイミングフィニッシュの認識もあれで合ってるのかなと不安を感じる。


プレミアリーグを観ながらサッカー用語のイギリス英語を覚えましょう

park the bus意味:自分のチームが勝つために最後の何分をしっかりとディフェンスする
直訳:バスを駐車する
なるほど・・・私は、にわかサッカー好きだからあの高度な文章が理解できなかったのだ。
日本代表は「バスを駐車する」能力をもっと鍛えんとな。う~ん勉強になるなぁ♪



「FIFA 19」のアクティブタッチ

「FIFA 19」のアクティブタッチシステムは、ボールタッチを劇的に進化させ、これまでになかったゲームプレイを実現します。

この新たなシステムはボールを受ける、蹴る、ボールと一緒に移動する感覚を驚くほど自然で滑らかに再現し、新感覚のクリエイティブなプレイを可能にします。より細かなコントロールを活かし、あらゆる動きで選手の個性を発揮し、よりスムーズかつ滑らかなボールタッチで多彩なトリック、フリック、トラップ、フェイントを駆使しましょう。
アクティブタッチでさらにクリエイティブに


数々のツールやアニメーションがボールコントロールシステムに追加され、ボールの動きがより多彩になります。具体的にはボールのトラップにも複数の方法が用意され、「フェイクを入れたトラップ」ではわずかなファーストタッチの動きでフェイントを入れ、ディフェンダーの逆をつきます。Toni Kroosなどのプロ選手が使用する同様の動きで現実世界のプレイに近づき、スペースを作り、ディフェンダーの逆をつき、チームのために試合の突破口を切り開きましょう。

ボールをトラップする新たな方法と同じように様々なフリックのアニメーションも追加され、より奥深いクリエイティブな攻撃を可能にします。選手は頭、胸、膝、足元でボールをフリックし、方向を変え、ディフェンダーを惑わし、スペースを開いてチャンスを作り出せます。Kylian Mbappéのディフェンダーを欺くトリックの数々をはじめ、「FIFA 19」では想像もつかなかった方法で相手を抜き去ることができます。

数々の革新的なボールタッチを可能にし、あらゆる動きで高度なコントロールを実現することで、アクティブタッチは「FIFA 19」にシリーズ史上最高にリアルな体験をもたらします。

https://www.easports.com/jp/fifa/news/2018/fifa-19-gameplay-active-touch-system
ウイイレ2012をやり続けて後にFIFA13をプレイして驚いたのは、ボールタッチの質感であった。

ウイイレは選手とボールが一体となっている操作感なのだが、FIFAは選手とボールを別々に動かしている操作感であった。ボールコントロールの能力値が低い選手は、トラップが大きくあんまり乱暴に動かすとボールをロストしてたような(記憶違いかも。パスを受けたときだったかな・・)ウイイレは能力値最低でもボールを離すことはない。

*なおFIFAで選手能力最低&ゲームスライダーも最低にすると。選手を動かすスティックを多めに傾けるだけで選手がボールをロストします。選手とボールが別々なのが分かる。


FIFAとウイイレの違いは、色々ありますが個人的にここが大きいと感じている。
これに馴染めなくてウイイレしている人もいるのではないでしょうか。逆にこれが好きでウイイレ出来ない人もいるのでは?

それが大きく変わるようだ。早く体験版でその操作感を味わってみたい。


<オマケ:フットサルモードの噂>
毎年噂されてた中国リーグが、ついにFIFA19で収録。
同じく毎年噂され続けるフットサルモードもついにFIFA19に!?(FIFA18のジャーニーでちょっとあったけど、あれには騙されたな~w 公式画像だし100%フットサルモードあると思ったよ)

でも、こういうの作ってる人なんで、信憑性が低そうなんでオマケ情報。

スポンサードリンク