「ランペイジ 巨獣大乱闘」

嫁の所望で見る。
嫁はドゥエイン・ジョンソン(以下ロック)が大好きだ。出演映画の9割は見てる。というわけで予備知識もなく見に行った。

あらすじ

マッチョでタフなデイヴィスが、親友とも言えるゴリラのジョージを遺伝子実験の企みにより巨大化されてしまう。

ジョージは凶暴な性格に変わり、大暴れするゴリラのジョージになってしまった!!
そしてさらに、巨大化したオオカミとワニまでも出現し、巨大化した3匹は街で大暴れすることになる。

凶暴になってしまったジョージを学者のデイヴィスは救うことは出来るのか…?!
http://maruna0817.com/1243.html
評価:78
ストレートに面白かった!

計算して作られたお馬鹿アクション映画って感じだ。抜くとこは抜いて、真面目なとこ真面目、馬鹿なとこは馬鹿。視聴者の心情を考慮された巧みに作られたお馬鹿映画だ。

調べると同じくロックが主演した「カリフォルニアダウン」と同じ監督なんだね。あの映画も巧みに作られたお馬鹿パニック映画であった。ただ地震国の日本から見ると色々突っ込みどころが多いし、題材が題材なんでヒットすることはなかった。

この題材も日本では大ヒットするようなものではないかな・・怪獣オタクには大好評の映画です!

大変に素晴らしいレビューがヤフーにあったので紹介(役立ち度ぶっちぎりNo.1)

ザ・ロクと、白ゴリラくんが、がんばる!

ザ・ロクの、おともだちの、白ゴリラくんが、きょ大になてしまて、こわいオオカミと、ワニといしょに、ビルにのぼて、ガオーてなて、あぶないアクションいぱいで、すごかた!

ザ・ロクが、おともだちの白ゴリラくんのために、ぜたいに、あきらめないで、たすけてあげようとして、みんながにげちゃても、さいごまで、一人でたたかうところが、カコよかた!

ぼくも、おともだちが、こまちゃた時は、ザ・ロクみたいに、ぜたいにあきらめないで、たすけてあげたいから、これからも、まい日、ふきん10回がんばて、きん肉いぱいになりたいです!
ヤフー映画レビューより
すばらしいレビューだ!
この映画をうまく表現している!映画の内容はこのように単純明快で痛快無比な映画である。そしてこのレビューを書いたのは明らかに大人である(ロックがほぼ引退して何年たった?)大人がお馬鹿なフリして記したこのレビューはこの映画の構造にも通じていて、二重に楽しめる味わい深い良いレビューだ。

多くの人が、んな単純な映画なんだ~としか思わないだろうけど。あえて小難しい事をしないのが中二病を脱した大人なのである。

ただこの作品は映画館で見ないと面白さ半減だろうな~
やっぱ誰かやると思ったわ~
ザロクさんの歴史

スポンサードリンク