QolyでEAとFIFAの契約料金が記されてました。

日本企業が暗躍するFIFAの計画…UEFA会長が「カネまみれ」と衝撃批判

テレビゲームのFIFAシリーズを販売しているEA Sportsとの年1億5000万ドル(およそ164.4億円)の契約も含まれているとも。
qoly.jp
年164億・・・
高いのか適切なのかが分からないので、他のスポンサー料などを調べてみました。

金額は年間(金額は当時のレート)

・マンチェスターユナイテッド 
胸スポンサー シボレー 約66億8600万円

・ハダースフィールド・タウン(二部から昇格クラブ)
胸スポンサー OPEスポーツ 2億2千万
https://www.football-zone.net/archives/68249(2017/08/04)

・バルセロナ
胸スポンサー 楽天 約68億円
https://www.soccer-king.jp/news/world/esp/20170530/594201.html(2017/05/30)

・レアルマドリード
メインスポンサー アディダス 約123億円
ユニフォームの販売してるからこれは普通のスポンサーとは比較できんかな

・日本代表
公式スポンサー キリン 年27億円(2014年より7年9か月契約)
(それ以前は2007年から年間15億円で8年契約)
sponichi.co.jp(2014年5月26日)
なおコナミは、2013年 ~ 2015年スポンサーしてました。

・コンサドーレ札幌
胸スポンサー 石屋製菓 1億6千5百万円(2012/J1)
http://jobsoccer.club/archives/sponsor_fees.html

さて一番重要なスポンサー料を出します。
EAがやってるプレミアリーグのスポンサー料です。世界で一番人気のリーグです。ゲームFIFAの一番の強みでもあります。一体いくらなのか・・・


EA Sportsのシェル、プレミアリーグのリードパートナーになるために3年間で$ 85M出る

SB Sportsは、'18 -19キャンペーンの終了時に、EA SportsがEPLとの提携に約65百万ポンド(約85百万米ドル)を支払うと述べた。 この契約の年間価値は2160万ポンド(2830万ドル)
中略~

 EAスポーツは、EPLの長年にわたるパートナーであり、2003年以来、独自の電子ゲームライセンスを保有しています。 米国企業はリーグとの関係を強化し、10年には公式の技術パートナーになった。

sportsbusinessdaily.com(2016/08/10)
3年で約85億円(100円換算)
年間:約28億3千万円

*重用:参照サイトの推測かもだから間違っているかも~


FIFAの164億円と比べるとえらく安く感じますね・・
多くの選手のライセンスはFIFpro(国際プロサッカー選手会)それ以外はリーグやクラブからライセンスを得ているわけです。

FIFAのは何なんですかね?UEFA CLライセンスのようにクラブ(チーム)は別個です。なので通常のFIFAではクロアチアや日本などが収録されていません。そもそも代表チームが重視されていないのでチーム数が少なめです。

ただしワールドカップ開催年の場合は例外で、全ての国を使えるようになるようです(200か国以上)とはいえ通常FIFAに比べるとWC版FIFAの人気はそこまで高くありません。

それでこの料金。何で?


コナミがUEFA CLライセンスを手放した途端に、7つのリーグライセンスを取得しました。
FIFAやUEFA CLの看板ってお高いんですかね・・


ライセンスついでに、よくウイイレにプレミア、ブンデス、ラ・リーガのライセンスが望まれますが、プレミアは上記のように16-17~18-19の3年間で契約中。

・ブンデスリーガ排他的な取り引きの手段FIFA、さらに5年間のリーグを取得(2017/07/19)

・EA SportsとLaLigaは4年間でパートナーシップ契約を延長(2015/11/26)

のように無理な状況です。
dwdwaws
Atleticodemadrid.com
アトレティコ・マドリーは偽名確定かな・・
CL決勝にFIFA(!?)が登場。これFIFAのモデリングだよな・・ FIFA19でこれが見れる(のかな)

スポンサードリンク