これは、50分のCPU同士戦の観戦をするようになった男の歴史メモである。


◆対戦プレイ期

[SFC]スーパーフォーメーションサッカー2
[SFC]Jリーグエキサイトステージ94
--------------------------------------------
対戦プレイは楽しいが、私は下手なんで勝つことはまれであった。

◆CPU戦&エディット期

[SFC]スーパーフォーメーションサッカー94
--------------------------------------------
エディットと言ってもリネームしただけだが

[N64]FIFA98
[N64]実況パーフェクトストライカー98
--------------------------------------------
エディットと言っても架空選手を作るだけだが
今でも覚えてる架空選手は、台湾:ホン・タオラン(スキンヘッドの司令塔スタミナ豊富で中盤を駆け回るパクチソンみたいな選手)ベネズエラ:グロンなんとか(金髪&髭の茶褐色肌の長身選手。シュート力は99でロングシュートとロングパスの名手。動きは遅い)

当時はサッカーの知識が無かったのでFIFA98でプレミアなど多くのリーグが収録されてたが、一度も使わなかった・・代表しか見てなかった。

◆マスターリーグ期

[XB]ウイニングイレブンX
[PS2] Jリーグウイニングイレブン10 欧州+
--------------------------------------------
サカゲーに本当に開眼したのは、このゲームから。マスターリーグの面白さを知る。
エディットは架空選手+クラシック選手を作成してた。

◆マスターリーグ(キャリモ)&エディット期

[PS3]ウイニングイレブン2012
[PS3]FIFA13
--------------------------------------------
段々とリアルサッカーにある程度詳しくなってくる。サッカー雑誌を集めだしたのもこの頃。主にクラシック選手や収録されてない選手を作成。実名化は有名どころだけしてた。

◆マスターリーグ&観戦+動画作成&エディット期

[PS4]ウイニングイレブン2016

*初めてのCPU同士戦の動画。何故バルサの全選手を最低能力値にしたのかというと、ちゃんと能力値が反映されているのか知りたかったからである。有名選手は能力値関係なく強いんじゃね?とおかしな疑いを持っていた。変な人である。

一番サカゲーにハマってた時。ウイイレのデータ&Kit作成者の存在を知る。

◆観戦+動画作成&エディット期

[PS4]ウイニングイレブン2017

*ウイイレ2017は、CPU同士戦の動画は7本しか出していなかった。体験版の動画6本、製品版は17本(顔レシピ動画を覗く)いまいちハマれなかったのが動画数から分かる・・

前作やりすぎてサカゲーに飽きる。あと難易度が上昇(リアル化)してCPU戦を難しく感じるようになる。CPU同士観戦も点が入りずらくて微妙。神データ閲覧ゲーと化していた。

◆観戦+動画作成期

[PS4]ウイニングイレブン2018
--------------------------------------------
ウイイレ2017同様、いまいちハマれず神データの歌などの迷走動画を出していた・・

最近は戦国時代関連の書籍を見るのが楽しくゲーム第一主義じゃなくなる。しかしゲーマー歴が長いんでゲームしないのは気持ち悪い(アル中みたいだな・・)

そこでハーフ25分計50分のCPU同士観戦の登場である。


<何故ハーフ25分計50分のクソ長いCPU同士観戦をするのか?>

昔はCPU同士の観戦すること自体の意味が分からなかった。
「何が楽しいの?それ」

ウイイレ2016でPS4の奇麗なグラフィックにより初めてCPU戦観戦を楽しめるようになった。しかし色んなゲームをしたいので、んな長々と観戦したくない。

ハーフ5分計10分で観戦してた。
ウイイレ2016はGK激弱の変なバランスだったので(馬鹿っぽくて好きだったけど)短時間で点がバカスカ入って見てて楽しかった。試合時間が10分くらいで終わり動画を編集する必要なくYoutubeにアップできるのもなお良かった(まあアップするだけなら何時間の動画でもアップできるけど・・・)

しかしウイイレ2017でGKが激強化し、ハーフ5分では点が全然入らなくなる。
当時は他のゲームもしたかったので、他のゲームをした。

ウイイレ2018もその傾向が変わらず、さらに難易度によって忖度があることを知り、CPU同士戦のやる気は地の底に・・しかし発売後半年以上たってから平等な難易度を知りやり始める。

しかし点が入りずらい傾向は変わらないのでハーフ5分では面白い試合にならない。

現在そこまでやりたいゲームがないので(というか戦国時代の本見るのに夢中)
そういや~試合時間を長くしたら何点入るんだろうと試してみる。
ハーフ25分 計50分設定で

10分の試合はずっと観戦できたが、50分は無理。
本を見ながら終わりを待つ。

まるで音楽を聴きながら本を読む感覚であった。
コントローラーは握ってないけどゲームはしてる。
いい試合になれば動画化する(動画作りは好き)
さらに収益も得られる(昔から趣味で出し続けてたけど、こんなんが金になる日がくるとは・・不思議な時代である)

読書の満足感とゲームの満足感。さらに動画作成の満足感。

新しいサカゲーライフの誕生である。


私が思うゲームの面白さは
「こうしたらどうなるんだろ?」である。
これが無くなり作業&予定調和になると終焉を迎える。

ようやくCPU同士戦の平等な難易度を見つけ、戦力差があっても戦術の違いにより勝敗が変わったりするのが面白い。


<FIFAの観戦>
*レアルvs日本代表。4-0でレアルの勝利。中々よいシミュぶりであるが試合時間を長くしたら何点入るのであろうか・・

演出の多さからハーフ4分でも計15分と観戦時間が長くなってあまりやらなかったFIFAのCPU同士戦(ずっと観戦して演出・リプレイが入ると手動スキップして15分である。なおFIFA16以前では演出・リプレイスキップが出来ず頻繁に観戦できるしろものではなかった)
*日本代表vsインド代表。2-1で日本代表の勝利。あまり数をこなしていなので一概には言えないが、上と合わせてFIFAの強中弱チームの強弱のつけ方の傾向が感じられて面白い。

しかし今や50分がなんともなくなったので何分でもOKだ。FIFA19では色んなバリエーションでCPU同士戦を楽しもうかなと思っている。ウイイレとの違いを知るのが楽しみである(CPU同士戦の傾向)

*まあFIFAは人気あるのでCPU同士戦の動画は結構ある。欧州選抜 vs アジア選抜で0-1でアジアが勝つのか・・偶然?カーソルないからCPU同士戦だと思うのだが・・

が、あくまでも今やりたいゲームがない状況だから出来ているので、状況が変われば難しくなる。レッドデッドリデンプション2の発売はいつだったけ・・・あといい加減ゼルダやらんと・・・

ゲームの楽しさとプレイの仕方は状況によって変わったりするのだな~という話でした。

スポンサードリンク