dfwafawda
コナミデジタルエンタテインメントが、Jリーグとトップパートナー契約を締結
2017年12月26日 11:30


株式会社コナミデジタルエンタテインメントは、2018年1月から公益社団法人日本プロサッカーリーグ(以下「Jリーグ」)と、トップパートナー契約を締結することをお知らせします。

コナミデジタルエンタテインメントは、20年以上にわたり楽しまれている「ウイニングイレブン」ブランドのもと、アクション・マネジメント・コレクションなど、多岐にわたるサッカーゲームの提供を通じ、サッカーファンの拡大や活性化を目指してまいりました。

Jリーグとのパートナーシップを通じて、もっとも身近なデバイスであるスマートフォンを活用し、シーズンオフや試合が無い日でも、Jリーグに触れる機会を提供し、日本サッカーの更なる発展を共に目指していきます。2018年秋以降「Jリーグ」オフィシャルライセンスをモバイルゲームで活用する他、モバイルゲームを使ったJリーグ公認のeスポーツ選手権を開催する予定です。

コナミデジタルエンタテインメントは、今後も高品質なゲームを制作・提供し、より多くのお客さまに楽しさをお届けしていきます。


https://www.konami.com/games/corporate/ja/news/release/20171226/?cm_sp=01-_-release-_-20171226
以前コロプラ(激突!! Jリーグ プニコンサッカー 2017年2月22日サービス終了)がJリーグのスポンサーでしたが今は抜けており、そこの空きにコナミが入った状況でしょうか。

スポンサーになるのは同業社では無理なので「モバイル事業」(スマホゲー)枠で入ったのでしょう。コナミの声明でもモバイル事業にて展開していくと記されています。

EAが据え置きゲーム機(家庭用ゲーム)での使用を許可してくれたら(サブライセンス)据え置き版ウイイレでも使えるでしょうが・・・個人的はそれは無いのではないではと見ています。コナミはライセンス持ってても2015はJリーグを出していませんでしたし。

それよりもスマホゲーでJリーグファン相手に商売した方が得策と考え、今回スポンサーになったのでしょう。

今年に入りウイイレの一番戦略はスマホに大きく舵を切ったように感じられます。TVでスマホ版ウイイレ2018のCMを結構見かけました(据え置き版ウイイレは近年見た事ない*ウイイレ2016のソニーとのコラボCMは除く)

企業は現状・今後見込める収益を考え方針を立てますから、こうなるのも致し方ないかと。

ちなみにコナミは以前「Jリーグドリームイレブン」というモバイルゲームを出していました。

dawdasaa
ゲーム内容 *現在は終了?(2011夏~2013まで?)

ちなみにセガもゲームギアで「Jリーグサッカー ドリームイレブン」を出していました(関係ないけど)



コナミのJリーグを用いたドリームは成功するのでしょうか?

ふと思ったのは、これにより据え置き版ウイイレのJリーグインポートデータに対して甘くならないかな~とおかしな願望を抱くのでしたw  ここ結構重要な部分なので

スポンサードリンク