zadadwas
「girls jam 3」 = Roze & ザ・ヒーナキャット の2マンライブ
ttuvyubiiuui
この二人がヒーナキャットだ。残り4人がROZEという別グループ。

9月に小田原でインストアライブ見て、興味もったんで嫁の催促から見に行くことになりました。私は音源あればいいやって感じなんでライブに自発的に行こうという考えにならない。
嫁は過去に何度もライブハウス通いをしてたみたいなんで、そういう文化の違う人によって知らん世界を知るキッカケになるのはいい事である(まったく興味なきゃ拒否るけど)

そういやー行く前日に偶然テレ東のアドマチック天国でザ・ヒーナキャットのライブがある厚木サンダースネイク(以下サンスネ)の最寄駅「本厚木」が舞台だった。いきものがかり繋がりでサンスネ出てくるのかな?と見てたけど出てこなかったな・・・CDショップ「ジョイフル」は出てきたけど(サンスネの目の前の店)
*関連:ザ・ヒーナキャットとジョイフルとは

本厚木は、ドンドンダウンなどの古着屋目当てに何度か行った事あったけど、サンスネのある南口は初めてだった。

zawdwadaw
店内の客は、おっさんの私が言うのも何だがおっさんばかりだった。かなり年齢層高め。40~50代が多い?
客層の9割は野郎で、女性はほとんどいない。インストでもオッサンが目立っていたが、ここまで女性が壊滅的にいないとは思わなかった。インストでは、ほんの少しいたのになぁ・・・

2マンの「ROZE」ファンも同じく年齢層高め。野郎ばっかり。若い女性1人。若いカップル1組いたのが目についた。アーティストによるんだろうけどライブハウスに通う人ってどういう人が多いのだろうか・・・何となくザ・ノンフィクションの地下アイドルの回を思い出した。

客席と舞台が幕ではなくシャッターなのがカッコイイ。ライブ開演すると徐々にシャッターが上がる。始めはコラボライブ。お互いの曲を1曲づつ歌い合ってた。

それが終わるとヒーナキャットのライブが始まった。

zdwadwafef
音デカいなぁ・・・迫力はあるんだけどここまでデカくする必要はあるのだろうか?エヴァネッセンスの時も思った(ZIP東京だったかな?)まあヒーさんは声量あるんで普通に聞こえるからいいんだけど(エヴァネッセンスは何かか声小さくない?て思ってしまった)聞いてるとだんだん慣れてくるから不思議だ。ライブハウス出た後、耳がボヤ~てなるけど。
zdawdawds
何言ってるか分からない歌い手も少なくない中で、小難しい言葉を使わず英語も一切入れない聞きやすい歌詞は、独特である。そこが魅力でもあります。ゴシックロマンチック歌謡ロックです。どことなく昭和の香りがするから昭和生まれが引き寄せられるのかもしれない。
zwdadadsd
チノさんは淡々と演奏してるのがカッコイイ。嫁は喜んでピョンピョンしながら聞いておりました。

始めYoutubeで音楽聞いた時は何も感じなかったのに、インストで実際生音聞いたら「ん?」って思ってから何回か音源聞き続けてたら、すっかり中毒になってしまったよ。

11月18日(土)に茅ヶ崎イオンスタイル湘南で、無料インストアライブが13時と15時にあるから近い人、興味のある人は行ってみれば?

zdwawdawdwaf
もっと人気出てもいいと思うんだけどなぁ・・・その哀愁がまた魅力なのかもしれない。
私が好きなのは、世界で落ち目のウイイレ・日本で発売してないWWE2K・二期のないワタモテ・・そしてヒーナキャット。凄く人気あると他にも記事に書いてる人いるから書く気しない。その逆です。

ヒーナキャットが、終わるとROZEのライブが始まった。

zdadawdsd
綺麗なネエちゃんが歌って踊ります。冒頭のコラボの時、ROZE関係者が動画撮影のため客の間をせわしなく動く姿に感動した。ROZEもまだ人気があるわけではないのでプロモのため必死である(後で調べたら事務所の社長さんだった)

超無礼だが、1曲聞き終わらず退出した。まあROZEファンの若いカップルも、擦れ違いでライブハウスに戻ってきてたからお相子って事で(!?)

そのまま道路向かいにある、いきものがかり&ヒーナキャットの聖地CDショップ「ジョイフル」に向かった。

zdawdawdfe
はっ!? 閉店するの?(12月10日閉店)
ええ~アドマチックじゃそんなこと言って無かったのに・・・
dawdas
お蔭さまで(?)ヒーナ―キャットのCDも最新作除いて全部半額です。音源持ってないのを購入した。そう中古で出回る事はないのでお買い得だぞ!たぶん日本最安か?

とはいえジョイフルは、CD屋は辞めますが楽器店としては続けますので、その点ご注意を~

dadwaawsad
古着屋巡りのため厚木の町を巡る。何かの祭りなのか各所で歌ってる人がいた。厚木でご当地アーティストのヒーナキャット知ってる人はどれくらいいるのだろうか・・・

帰りに本厚木駅でいきものがかりの電車接近メロディが流れた。これがヒーナキャットになればいいのにと思った。
「ぐるぐる回る時間は巡る~略~追いかけ追われ離れてもまた混じり合ってく」(ぐるぐるの歌詞)
う~ん電車のメロディーにピッタリではないか。何とことを思いつつ帰路へついたのであった。

早速ライブの模様が公式Youtubeにアップされてた。

最後に、多くのキャットクルー(ヒーナキャットのファン)がいたからこそヒーナキャットは活動を続けられた(かも)しれないので、その尽力に感謝いたします。そのお蔭でこうしてヒーナキャットを知る事が出来ました。


*再生リストあり

◆音源の入手先

Apple itunes(アイフォン)

グーグルプレイミュージック(アンドロイド)

アマゾン・デジタルミュージック

アマゾン・ディスク版

リンク

 ・ ザ・ヒーナキャット - Wikipedia

 ・ ツイッター

 ・ ホームページ


にしても人っていつ興味持つものが変化するか分かりませんね。
・ 和ゲーもういいや・・・⇒ FF15・信長の野望にハマる。
・ 邦楽?う~ん聞かないな・・・⇒ ヒーナキャットを聞きまくる。

来年私は何に興味を持つのだろうか・・・

スポンサードリンク