塩田剛三
1915年(大正4年)9月9日 - 1994年(平成6年)7月17日)

武道(合気道)家である。
身長154cm、体重46kgと非常に小柄な体格ながら「不世出の達人」と高く評価され、「現代に生きる達人」「生ける伝説」とも謳われた。

1962年に養神館を表敬訪問したロバート・ケネディ夫妻の前で行った演武では、塩田の強さを疑ったケネディの申し出によって同行していたボディーガードと手合せを行い、これを圧倒している(この時の様子は映像にも記録されている)。ケネディは後年、この時の様子について、「私のボディーガードがその小柄な先生に立ち向かっていったところ、まるで蜘蛛がピンで張り付けられたように、苦もなく取り押さえられた。

自らの技について塩田は、「実戦では当身が七分で技(投げ)三分」というモットーを植芝の教えとして度々語っていた。演武会においても、投技や組技だけでなく、相手の喉を指一本で突いて悶絶させたり、後ろからタックルしてきた相手に肩をぶつけて吹き飛ばすといった、多彩な当身技を披露している。

塩田は反射神経を鍛えるため、水槽の中を泳ぐ金魚の動きに合わせて左右に動くという訓練を8年間に渡って続けていた。その結果、塩田は超人的な反射神経と集中力を体得、視界から消えるとまで評された体捌きを完成させたと言う。反射神経にまつわる逸話は多く、自動車にはねられそうになった瞬間無傷でかわしてのけたという証言も残っている。

一方、超人的としか表現のしようがない塩田の演武について「あんな事が出来るはずがない。ヤラセではないか」と非難する意見が上がるが、セミナーなどで実際に塩田と手を合わせた者からは、その技に対する否定的な意見は少ない。格闘家・岩倉豪は、セミナーで塩田に挑戦して左肩を外される重傷を負い、この時のことを「あれは超能力でもやらせでもなく、人体の構造を理解した本当の技術だ」と振り返っている。

ある時、弟子に「合気道で一番強い技はなんですか?」と聞かれた塩田は、「それは自分を殺しに来た相手と友達になることさ」と答えたという。塩田自身は『日常、それ即ち武道』を信条としており、普段普通に道を歩いている時でも一切の隙が無かったと言われているが、生前弟子に対して「人が人を倒すための武術が必要な時代は終わった。そういう人間は自分が最後でいい。これからは和合の道として、世の中の役に立てばよい」と語り、護身術としての武道の意義を説いていた。

塩田剛三wikiより

dwadwawdaws (4)
合気道の神様が、WWEに参戦した!
顔写真はあるものの白黒だったり不鮮明なものが多いので、モンタージュフェイスです。
dadwasad
このゲームの選手作成で一番大変だと思うのは、技設定だと思ってる。いつもは既存レスラーのムーブセットをコピペするだけだが、塩田さんはそうもいかず技設定しました。操作方法の勉強になるけど、項目数とモーションの多さに驚かされる。ロード時間長くなっちゃうわけね・・・
dwadwawdaws (2)
能力値は、投げ技・返し技・スピード・スタミナは、最高値に設定した。ただしそれ以外の能力は最低に近い能力値にしてある。返せないと大ダメージが入ってしまうので玄人好みのスーパースターだ。

打撃攻撃したくないので操作して動画撮りました。返し技以外は、ほぼ投げ・関節技でプレイ。中々プロレス的にはいい試合になったのではないでしょうか?あえて窮地になるのはプロレスの真髄を理解した塩田氏のサービス精神です(すぐに勝利出来なっかった言い訳ですw)
dwadwawdaws (3)
という意味ではプロレス向きなのかもしれない(ジョーダンです・・)

作って満足。アップロードしてもほとんどの人に見向きもされないCAWだが。分かる人が世界に今のとこ2人いたようで・・・それもまた満足なり。

スポンサードリンク