<ハイライトリールの解説>

リプレイから動画をとるモードです。
aaahuguyjft
試合中に保存したリプレイを、クリエイト⇒ビデオ⇒ハイライトリールで編集&撮影できる。
asdettr (1)
「時間進めるモード」この状態では、動画のスタートとエンドを決めたり、巻き戻しや送りができる。
ergnuingitonklv (1)
「視点動かすモード」右スティックを押しこむ(R3ボタン)と視点を変えれるようになる。R3ボタンを押すと先ほど状態に戻る。
ergnuingitonklv (3)
「動画撮るモード」ここでは、スローモーション、逆再生、アルファマスク(透過)の設定が出来る。
アルファマスクでは、リング / 観客 / 審判を消すことが出来る。またプレビューする事が出来る。
ergnuingitonklv (5)
リングを消した状態。アルファマスクの項目を選択した後にキャンセルすると消えたままで「時間進めるモード」「視点動かすモード」で見れるぞ。
ergnuingitonklv (4)
プレビューで静止画撮れば文字の無いスクショ撮れるが動いてるからブレちゃうね・・・「視点動かすモード」で文字消せたら嬉しかったなぁ。
ergnuingitonklv (7)
色々ハイライトリールが撮れました。
ergnuingitonklv (9)
ちなみに容量はこんな感じ。保存できる限度数があるんでたまに削除しときましょう。


<カスタムビデオの解説>

レスラーのPVを作るモードです。入場の際のモニターにPVを流せます。
aaahuguyjft
クリエイト⇒ ビデオ⇒ NEWで、カスタムビデオを作成します。
aaanofuehfaib2
これはあくまでも一例です。動画に階層があり、組み合わせPVにエフェクトをかける事が出来ます。
dawdwasadwwas
様々なエフェクトが用意されています。透過部分のあるエフェクトもありますので有効活用しましょう。
dadawsaddsa
アップした画像やWWE2K18サーバーにアップされている画像も使うことができます。にしてもカオスだな~
ergnuingitonklv (8)
それらを組み合わせ、このような動画を作る事が出来ます。
透過したハイライトリールの後ろにエフェクトを置き、最前列に画像を配置しました。
dawdasaxz
色々やってるとプレビュー時に映像が映らなくなる事が、結構発生します。
こうなると何を貼っても映像が反映されなくなり作り直しを余儀なくされます・・・う~ん。
シンプルに作れば問題ないんですが・・・バグ(?)の発生条件も把握しないと複雑なものは作れなさそうです。

以下は、こうやったらどうなるかなぁ~的なお試しで作った動画です。

アスカの蹴りが多過ぎですね・・・何も考えないで作った動画集です。

ちなみに前作はこんな感じ。面白い視点が無いんで試合のとこは地味だ。

色々出来て素晴らしいんですが、残念なのが前作にあった
キャリアモード内でのカットシーンを使ってドラマシーンを作れた項目が無くなってしまいました。
追記:パッチ1.03で、復活しました。プレビューのロードが早くなって少しパワーアップ。

 関連:[WWE2K17] VIDEO作成でのレスラーのシュチエーション一覧(未完成)

多用していたので、無くなったのはショックでしたが、キャリアモードがプチ箱庭キャリアになってしまったので仕方がないかと・・・
たださえWWE2Kは、容量が大きいのので(WWE2K17は、60GB越えた。18は今の所50GB)削減せんといかんとこは減らさんといかんしね。なので使わなくなったカットシーンは削除されてしまったのでした。


しかし視点が自由になるだけで、こんなに楽しくなるとは驚いた。全てのゲームに欲しい機能である。

スポンサードリンク