見る前は男女が入れ替わる「ただの」ラブコメかと思ってた。
もの凄い興行収入なので、興味をそそられて見たのであった。

新海誠監督の作品を見たのは、この映画のヒットの影響で地上波で放送されてた「言の葉の庭」を見た。
美術背景が素晴らしく、説明し過ぎずエッセンスのチョイス(取捨選択)が上手いなぁと思った。
ただ話として好きな題材ではないので、作家性を見て感心したって作品であった。なんかよく分からんけど凄いなみたいな。

見初めはやっぱラブコメみたいな話なのかなと見ていた。
なんか「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」を思い出した。
私はあんまりアニメを見ていないので言えた事ではないが、上のような作品の要素を取り入れた事によってヒットにつながったのかな~と思った。見初めは

ラッドウィンプスの曲が素晴らしい。さらにそこに
美しい背景と取捨選択が上手いシーンの数々が映されるとハッとさせられる。しかし冒頭の「ただの」ラブコメの域は出ていない。

これ以降はネタバレになるのでボカす。知らないからこそ楽しめる映画だと思う。
「シックスセンス」はネタバレした後に見てしまい。真に楽しめなかった。「君の名は。」上記知識しかなかったので大いに楽しめた。

大きな出来事が、OOってのもセンスがいい。ファンタジーを感じられるから。現実的に考えるとOOを連想させて傷心してしまうが、ギリそれを現実的に連想させられないレベルでは?(連想した人の中には怒ってる人いるけど)まあ現実と物語を混同するのもどうかと思うが・・・そんなこと言ったら戦争映画ましては戦争ゲームなんて一生できない(体験者は嫌がって見ない傾向)

細かいとこ言ったらキリが無い。知識があるから気になるんだろうけどさ・・・知らないからこそ楽しめるものってあるからね。
突っ込もうと思ったら何にでも突っ込めるよ完全なモノはいない。突っ込みたい人は些細な事でも突っ込み続ける。突っ込むのが好きなんだろうな・・

ボカして書くのは意味不明なんでこれくらいにしとく。見れば分かる。でも今更見てないのは俺くらいかなw

嫁は、ネタバレ知ってて、その確認の為に見るわ~ってノリ。何ともふざけた鑑賞方法だと思うが、嫁は原作小説を見て映画を楽しむタイプなので(君の名は。はネット情報でネタバレ知っただけ)そういう見方もあるのかなと、理解は示すが・・・
つうか途中で嫁見るの止めたし。
「言の葉の庭」を見た時もそんな反応無かったな・・・

大きな出来事が起こる前は、キャラや舞台の見せ方が上手すぎて、裏の思惑が見えすぎていやらしさも感じたが
、大きな出来事によって吹っ飛んだ感じ。こういう「えっ!?」と思わされた映画は始めてでした。そこから過去のラブコメが懐かしく愛おしく感じられるようになる物語。いや~良く出来てますね。ラブストーリーだけではなくスペクタクルや歴史まで感じられ重層的で深みが急に付加される。

ようやく何故大ヒットしたのか分かりました。
1回目では気が付けない部分もあり2回目で完全に満足できる(謎解き的な)物語。1回目でも十分満足できるが、2回目でより深く理解できる構造。真のエンディングは2週目か!?

また
ロミオとジュリエット的に成就しないので(形式は全然違いますが)空想で続くし、引きずるしで後引くんだろうな。

そしてラッドの最後にかかる曲が、なんかこれまでかかってた曲の中で一番微妙に感じた。なのでもう一度イイ曲を聞くには、劇場に向かうか曲を購入するしかない。興行収入&音楽も売れ大成功。

いや~凄いね・・・

とまあベタ褒めの様相ですが
「言の葉の庭」同様に、好きな話つうか趣味でないんで、凄い映画で面白かったけど好きな作品ではないです。

「君の名は。」別の見方をすれば、これが危ない奴の脳内や、恋愛に疎遠な不細工の話だったら・・・とか変に考えられるのも面白かった。追いかけるストーカーの執念もこういう思考から来てるのかなと。知らん怪しい人から「君の名は?」て聞かれて追いかけられたら怖いだろうな~ 「ムー」読者は凄く好きそうな話だ。

イケメン&美女最強!

全然関係ないかもしれんけど「不思議惑星キン・ザ・ザ」を思い出した。
と最後は滅茶苦茶な感想になってしまったのであった。

市川悦子っていうと日本昔話の声優を思い出すのですが、全然それっぽくなくて驚いた。

スポンサードリンク