h21
前回、安倍・北条・柴田の連合軍の3連攻撃でも秀吉の城を1つも落とせなかった衝撃。
もう秀吉の天下で終わりなのか・・・

しかし秀吉軍も多くの部隊・兵数を減らした。それによりつけ入る隙間が生まれたのか
h24
北条が勝山城を攻める。
秀吉は、城を守るため部隊を美濃・尾張より出陣させる。
h27
すると南の徳川軍が、がら空きの尾張国の名古屋城を攻める。
さらに兵力を回復した我軍が、上が駄目なら下からと全軍を寄せていた。

ちなみに長期の遠征は、多くの兵糧を消費し兵糧不足になるのだが、私は最初のプレイで兵糧に苦労したので開墾を重視していたので収穫量が多く、連続の遠征にも兵糧不足になる事はなかった。
その代わり兵力が目減りしてしまったが・・・北条との戦いでは兵力少ない事を後悔したが、今思うと正解だった(?)
h28
東北より襲来しました!(出発から到着まで4・5か月かかる)
h29
秀吉軍は同時に色んな所を攻められ混乱したのか、何故か名古屋城に部隊をよこさない。岩村城が気になるみたい。
h30
そして何と戦わずして徳川は名古屋城をゲットした。家康が運がいいのか戦術眼が凄いのか・・・
何はともあれ秀吉に一撃くらわしたぞ!やった
h31
我軍は前回の失敗を生かして、なるべく戦わないでいかに城を奪うかを重視した。
1万3千の井伊直政さんは我部隊の後方にいたのだが、我軍は途中で後退して井伊さんに戦わせた。
h36
南では徳川さんは海をこえて秀吉領を狙う。
h34
北では北条が、あの大聖寺城を攻略する。
h35
秀吉軍の部隊は、四方八方に散り連合軍は、各個撃破していく。
h37
ずーと岩村城に大部隊で守っていたが、これはたまらんと他の城の防衛に向かった。
もちろん我軍はそこを攻める。
h38
無敵かと思われた秀吉軍が壊れていく・・・

秀吉軍は、多くの家臣がいるものの、戦上手の武将は多くを九州攻略に向かわしていた。
なので上の画像でXマークがついている1万6千の部隊を率いるのが統率・武勇のない武将であった。
n2
これぞ包囲網という4点攻め。
n4
兵数の減った部隊を、奪取した城に入城させ東北に向かわせ、再び尾張に遠征させる。
行って帰ってくるのに半年以上かかる。
n30
最初は部隊を引きつれて帰城させていたが、4か月くらいかかるので数百の兵を捨てて入城するようになった。上は帰城する部隊と、新たに出撃する部隊との交差場面。

n3
うわ~凄い奴きた~。戦いたくねぇ
n7
上手い事、他の城に誘導していなくなったら城攻め再開。こいつは雑魚だから戦うぞ。
n8
城をとるまで耐えてくれよ~
n9
他の城でも攻略中に邪魔が入るも、二、三度攻撃すると直ぐに引いていった。
n10
その南では、これまた極端な戦いが。あれだけの武将数でも武将不足になってしまうのか
n11
攻撃力の差が凄い。本多さんは77人しか死んでない。ていうか1万8千の雑魚は戦わず逃げた。
n14
戦うのが怖いのか城を攻略されてるのに何もしない人たち。これじゃ兵士の士気はゼロだろうな。
n15
1万8千の雑魚が、我軍に近ずくも撃退。
n17
秀吉は、毛利を滅ぼす。これにより毛利の優秀な家臣がこちらに配属されてくるだろう・・・
n18
n19
n24
無敵かと思われた秀吉軍と尾張で優位に戦うが、秀吉も九州を手中に収めていく。

スポンサードリンク