a36
上杉家の従属国となったことで、上杉領で自由に動けるようになった。
各地では様々な戦争が行われており、単独では城を奪う事が出来ない弱小安倍国は、他国の戦争に介入しちゃっかり城を横取りしようと遠路はるばる戦地に向かうも・・・
a34
う~んこれじゃ城を落とせないよな・・・
a35
「何しに来たの?」状態で、出撃と
帰国を繰り返していた。
遠征試合と連敗に慣れている野村克也もこれではたまったものではない。

何度か無意味な遠征(出兵)をした後に、
a37
佐渡島から離れた東北で安東家と南部家が争う戦争が発生。
安倍国はその争いに介入するために野村克也のチーム(部隊)を向かわせた。
a38
しかしいつものように「何しに来たの?」と追い返される。
野村隊が引くと、安東部隊は南部に攻められる城の救援に向かった。
a39
戻れなくなった距離になったら侵攻再会して城を攻める。
急いで戻る安東部隊(防衛失敗し南部に城を奪われている。)
「間に合うか・・・」
a40
「ギリギリセーフ!」1点(1城)ゲット
a41
一挙に2城を失い残り1城の安東家を佐渡島からの後詰め安倍部隊とともに攻める。
a42
もう少しで2つ目の城が、ようやく新たな国を築けそうだ・・・ 
しかし・・・
a43
そう甘くはない安東家の本城は強固であり、安倍隊は壊滅し退いた・・・
a44
さらに残り2部隊でじり貧で攻める中、南部が1500が近づいてくる・・・せっかく攻めたのに横取りされるのか・・・

a45
しかし南部は、そのままスルーして最上家に攻められる自国の城の救援に向かった。
最上は上杉の同盟国である。このタイミングのいい最上の攻撃に大いに助けられた。
a47
こうしてギリギリで安東家の本城を奪取できた。
a48
a49
初めての国盗り。戦国の世では他家を滅ぼして一人前といったところか・・・
a50
有能(まあまあ)な家臣団を手にしたぞ!
a56
そんな時に上杉家が拡大した織田家を倒すため連合を結成。
a57
従属してるといやおうなく上杉側として強制的に連合に加わると思ってたけどそうじゃないんだ。
「私はNOといえる日本人になりたい」(ネタが古い)

というわけで我が国が狙ってる勢力が同じ連合になり攻めれなくなるの困るし、信長は東北にはいないし今回は不参加でと断ると・・・
a58
あれ?従属外れちゃった・・・裏切ったことになってる。
あらら・・・「そんなつもりはなかったんです~」(真由子口調)
これにより全ての国から裏切り者と敵視されてしまいました。

まだ創造PKの事を全部分かってるわけじゃないんで・・・

意図せずして上杉家から自立を果たした安倍国ですが・・・佐渡島が心配だ。
ただ東北に逃げ場が出来たので、佐渡島で滅亡する危機はなくなったのでした。

こうして新たなる安倍国が東北に誕生したのである。

スポンサードリンク