戦隊物を120億円かけて作るとどうなるのだろうか?という興味から鑑賞。

多くの方が言うようにイマイチっちゃーイマイチなんですが、戦隊物に携わっていた人たちが製作に絡みまくってるんで、もの凄く戦隊物愛を感じて一言イマイチとは言いづらいものがあります。
もう少し上手くやってたら、もっと面白くなったのになぁ~と無念に思いました。

これ見ると「トランスフォーマー」とかって何も考えないでアクションシーン繋いでるだけのようにも見えるけど、いかに観客の心理を考慮しながら巧妙に作られているのかが良く分かりました。

気になっているなら見る事をオススメします。
凄く面白いわけではない。中だるみするシーンもある(前の人寝てた)キャストがイマイチあか抜けない。雑で強引、御都合展開多過ぎ・・・なんですが

しかしそこには大きな大きな愛があった。

それを見に行くのも一興かと

<FF15との共通点>

<私観あらすじ>*ネタバレありまくり


物語の始まりは、地球上で恐竜が生息していた中生時代にさかのぼる。
そこで女ボス(仮面ライダーの女幹部的な)と戦うパワーレンジャー5人。
しかしレッドを残し壊滅。レッドは宇宙船に命じて隕石を地球上に落とすことで何とか女ボスを倒すもレッドも隕石直撃前にパワーストーン5つを残し死ぬ。

時は現代。
小さな片田舎の町の高校。問題児を集めた特別授業(補習)に3人。

・スコット(のちのレッド)
地元では知らない人がいない「元」人気ーアメフト選手。
しかし悪ふざけから車輛事故を起こしたことで特別授業を受けることに。
その時に足を負傷し選手としての将来を棒にふる。
父親に将来悲観され何度となく愚痴られ、町人の好奇の目もあり町を脱出したくなる。

・キンバリー(ピンク)
学園のクイーンだったが、女友達の恥ずかしい写真を彼氏に見せた所、彼氏がそれをSNSにアップしてしまう。
それに怒ったキンバリーは彼氏を殴って歯を折ってしまい特別授業を受けることに。
スクールカーストの頂点から墜落し「ビッチ」と呼ばれるようになり町を脱出したくなる。

・ビリー(ブルー)
軽度自閉症の機械オタク。独特さからイジメにあっているところをスコットに助けられる。
元スターのスコットと接点を持ったことが嬉しいのか自分の事を一方的に話しまくる。
保護観察の身で、発信機を足に付けられていたスコットの信号を誤魔化せる事から二人は急接近する。
なおビリーが特別授業にいるのは弁当箱を爆破させたから。
dadadawawxa
ビリーに借りが出来たスコットは、車を運転できないビリーのお願いから、遠い鉱山に行くことになる。そこはビリーの亡き父が熱心に調査していた地であった。

そこで再び、高校の特別授業で見かけたキンバリーとスコットは再会する。
さらに2人の男女とも出会う。

・ザック(ブラック)
不登校の荒くれ者。病気で寝たきりの母の介護をしている。
母の前ではいい子だが、外ではストレスを解放するためか乱暴な振る舞いが目立つ。
そんな自分を理解し、他人を傷つけてしまうとの思いから不登校なのかもしれない。という訳で人のいない鉱山でふらつく。

・トリニー(イエロー)
父の再婚相手の義母と上手くいっていない。
極度に世間体を気にし「普通」を押しつける母の存在から家に居場所がなく鉱山でパンク音楽を聞きながらふらつく。
彼女は世間的にはまだ普通と認知されていない同性愛者(LGBT)であった。


何の因果か5人は、何かに引き付けられるかのように、鉱山で出会った。
ビリーが岩盤を爆破させると5つのパワーストーンを発見する、5人はそれぞれ石を手にする。
爆破を聞きつけた警察に追われ5人は車で逃げるが、大事故を起こし車は大破する。

次の日、何事もなく自宅で目覚めた5人は、自身に異常な腕力や脚力が備わっている事に気付く。「もしかして他の4人も・・・」と、再び5人は鉱山に集結する。

自身の能力を確認しているうちに、鉱山内部の元レッドの魂とパワーレンジャーの宇宙船を発見する。
元レッドは「君達はパワーレンジャーだ。女ボスが復活し町に危険が迫りつつある」と伝えるも、誰もその警告を信用することはなかった。

実際に女ボスの脅威を知ると、元レッドを信用しパワーレンジャーになるために訓練を重ねるが、変身すことができない。

元レッドはパワーストーンに細工をしていた。
実は女ボスは、元パワーレンジャーであったが、より力を得たいとの思いからパワーレンジャーを裏切った元レンジャーであった。
再発を防ぐため、力を自身のためでなく5人それぞれが仲間を心の底から信頼し助け合う気持ちを持たない限り変身は出来ない仕組みにしてあった。

5人共に自分の悩みで頭が一杯だった。他人を思いやる気持ちを持ち合わせていなかった。
「俺達はお互いの事を何も知らない。だから変身できないんじゃないのか?」

夜、たき火を囲みながらそれぞれが自身の悩みを打ち明けるも変身はできない。
そうこうしている内に、女ボスは完全復活のために必要な金を集めるために町で強盗を繰り返していた(金歯とかアクセサリー)

変身出来ぬまま、女ボスと戦うも勝てず5人の内の1人が殺されてしまう。

それでようやく仲間を思う気持ちが生まれるのだが・・・ 
その時にかかる音楽が上の動画のスタンドバイミー


悩んで逃げまわった末に待っていたのは、町や他者を救うことだった。

ようやく変身を果たした時に、かかるパワーレンジャー2017のテーマ曲。
上の長いあらすじは、FF15と共通点があるなぁ~というのを説明するために書いたのでした。
実際は色々と違いますが、こんな感じです。
FF15との共通点は、たき火で本音吐露とスタンドバイミーくらいですが、なんか書きたくなったのでした。

少し泣いたんだよ。「ガーディアンズオブギャラクシー」といい年取って涙腺緩んでるっぽい。
それともこういう仲間なんたらの話が涙腺に触れるのかな? ほとんど泣かないんだけどね・・・
泣くのが「パワレン」と「ガーディアンズ」って・・・


ファンの愛の溢れたTV版オープニング再現動画。


続編があるような感じの終わり方でしたが・・・各国の興行は苦戦したらしく続編は難しいか?

微妙だけど、
色々書きたくなるいい映画でした。
「愛の伝え方が不器用な人」みたいな映画。熱意は感じる。色々滑ってるけど。

あっ!バンブルビーも出てくるよ~w
 
あっ!ピンクレンジャーの女優さんのナオミ・スコットの旦那はサッカー選手で、英二部
イプスウィッチ・タウンの[CB]ジョーダン・スペンス 選手です。

ウイイレだと能力値は、2011から67、72、77、66で、2017は65と低迷中。(能力値詳細

スポンサードリンク