北米などのPSストアで体験版(一部がプレイ出来る製品版)が配信されました。
長年のヒットマン好きとしては、やるしかないとダウンロードしました。

dadadwawda (3)
なんか大声で呼ばれてましたしねw  あれは暗O対象にはいいキャラですね(冗談ですよ)

体験版の予告編です。動画中の事が全て体験可能。

遊べるステージは2つです。

dadadwawda (17)
船上パーティーで暗殺。
dadadwawda (5)
戦闘機格納庫で暗殺。

の2つです。どちらもチュートリアルステージという体裁ですが十分自由度あるプレイを楽しめます。
製品版の本番ステージは、もっと広くてやりがいがあるようですよ。

dadadwawda (16)
製品版は、北海道もあるよ。

ヒットマンはアブソ以外は、全部プレイしました。
今回は日本語版(8月4日発売の)でプレイするのが最初かと思ったのですが、体験版が出てしまいついやってしまいました。

これで私のヒットマン体験は全て英語です。
最初は、XBOXアジア版ヒットマン2・PC版で1とコントラ・XBOX360欧州版ブラドとプレイしてきました。
ブラッドマネーやりたさにXBOX360買ったようなものでした。それくらいヒットマンが好きなのです。

dadadwawda (8)
グラフィックは、場面によっては大変美しいですが
dadadwawda (15)
時おり微妙な感じでもある。グラフィックのいいゲームしすぎて目が肥えてしまった。
dadadwawda (4)
ただヒットマンは元からそんなグラがいいゲームというわけではないですから問題無いです。
それよりも雰囲気ですね。今回はトレーニングステージという設定なので、ヒットマン特有の怪しげな雰囲気を感じにくかったです。張りぼてだしね。なんで製品版のステージはもっと凄いはず。
これは実戦となるステージをプレイしないと判断しかねる所です。
dadadwawda (46)
初心者の暗殺者も安心の分かりやすい操作説明つき。
久しぶりだったから助かった。昔の暗殺技術が蘇る。オプションボタン押すとすぐ操作一覧見れます。
dadadwawda (48)
アブソで追加された透視能力。まあこれまでのシリーズも難易度によってはMAPで敵の位置見れましたからね。それをすぐに見れるようになった感じ。たしか難易度上げるとたしか使えなくなるから、ハードコアな人も安心だ。
dadadwawda (22)
怪しまれたときとか、気づかれたときにマークが出ます。ステージに結構な市民が出てくるんで、誰に怪しまれてるか分かりやすくしたのでしょうね。ちなみに市民にも怪しまれて警備員を呼ばれたりします。市民は以前は。逃げまどうだけだったような。色々パワーアップはしているようです。
dadadwawda (9)
戦闘機に細工をする47。整備士の格好だから怪しまれないよ。
dadadwawda (12)
暗殺対象と挨拶したり。楽しい暗殺ライフ。
dadadwawda (29)
結構美形な女性市民がいますね。この辺もパワーアップ。
dadadwawda (44)
ダイアナさんが微妙な感じなんで(ブスじゃないけど微妙)・・・まあそういう設定の顔なんだろうなぁ。
dadadwawda (23)
アクロバットダイナミック潜入。
dadadwawda (20)
相変わらず引きこもり戦法が有効。
dadadwawda (21)
気が付けば死体の山が。難易度によって血のりのついた服は着れないとか。
しかしどのスクショも夜ステージなんで見づらいですね・・・
dadadwawda (41)
ワニの浮き輪撃ったらリアルにしぼみました。芸が細かい。
dadadwawda (43)
撃ってくださいと言う配置(じゃないけど)撃つとちゃんとリアクション(割れたり跳んだり)するのが良い。細かい。
dadadwawda (18)dadadwawda (31)
舟のステージは、一度クリアすると2回目は、色んな武器が初めから用意されるようになる。
爆弾とか。毒は最初のプレイでは、どこにあるか分からなかったけど発見した。
何度も楽しめるスルメ系のゲームである。

おススメ!

したいところだが色々気になるところもあった。



<懐古房的な面白さ?>

何か主人公(47。年齢ではないコードネーム)の操作感がえらく軽く感じました。レスポンスがいいとも言えますが、最近のゲームの人体を動かしている質感が皆無。あとジャンプとかの能動的なアクションが皆無。一定の場所でボタン押してジャンプとかなら出来るけど・・。多数の市民も人形みたいな感じ動きにリアリティーというか生活感もないかんじ。
dadadwawda (36)
殺人事件が多発する船でパーティーを満喫するパリピたち。
自分は大丈夫だろうと、対岸の火事を眺めるような心境なのだろうか・・・(難易度によって違うかも)
「事件は会議室で起きてるんじゃない!ここで起きてるのよー逃げてーーっ!」

でも、ヒットマンってこんな昔からこういうゲームでした。
アブソに手を出さなかったのは、自分が好きなヒットマンと違い過ぎたので手を出しませんでした。
そしてついに自由度の高いヒットマンが帰ってきた!!

昔とさほど変わらぬ姿で・・・

なんで新作をプレイしているという感じがしなかった。
まあ2⇒ コントラ⇒ ブラドもゆるやかな変化だったから、これぞ正当続編という感じはする。

とは言え、その間に様々なゲームをプレイして、昔ヒットマンを楽しめた自分はもういないのかなと少し思ってしまった。

「昔のようなヒットマンが戻ってきた。しかしかつてのヒットマンを楽しめた自分はもういなくなっていた。」

何で、スクエニが開発のIOIを手放したのか少し分かったような気がした。

正当な評価は製品版プレイするまで下せません。
あくまでも体験版のファーストインプレッションでした。


スポンサードリンク