ファミコンミニが品切れやプレミア価格になるくらい売れました。
誰もが思いましたが「ソフトはオンラインで追加できないの?」には対応していませんでした。これは購買層の違いからつけなかったのではないでしょうか?

「単純な*」スマホゲームが何故人気なのかの原因に通じているような気がします。
(*ものによるけど)


<自分が知ってるからって他人が知っているとは限らない。
私に動作チェックを頼むゲーム屋のつぶやき3選>



◆メモリーカードは買わなくていいの?

PS4本体購入希望のお客さんが、
ハードディスクに記録されますと言っても理解できない模様。

「メモリーカードが本体に入っているようなものです」と例えて言うと
「ファミコンのドラクエみたいな感じか!」
「・・・」


もちろんオンライン・パッチなどはこのお客さんにとっては未知の領域。
もし買っても後々厄介なお客様になる可能性があるので、勉強する事を諭すが、お客さんはテレビCMを見て欲しいモードに入っており買う買うモードで引かない。

「ゲーム=簡単にプレイ」できるとの昔の経験からの先入観から中々現状を理解してもらえず困ったって話。こういう人が、任天堂が想定したファミコンミニのメインユーザー層か?


◆ゲーム中フリーズするから返品する。

「なんか思ってたゲームと違うから・・」
で返品しようちする厚かましい人は少なからず昔からいる。

最近増えたのが「バグ・フリーズ・エラー」による進行困難による返品だ。
ディスクに傷がある場合は、それが原因で不具合が発生する可能性がある。
この場合は、中古販売をしている責任でゲーム屋によるが返品出来る可能性がある(傷あり割引があると無理だろうが)

しかしまったく傷がないバグ・フリーズはどうしようもない。
これはそういう「仕様」のゲームなのでメーカの責任である。
でもお店に返品に来るんだよね・・・
メーカーに言ってもパッチで対応してくれればいいけど放置するメーカーもあるし。
なので動作チェックする時は、まずバグ・フリーズ報告を調べる。

返品関係なく、ただただ悲しい話もある。
客「このゲーム気にってるんだけど、最後の最後でフリーズして動かなくなるんだ・・」
という事で、ディスク交換するも・・客「同じだった・・」
店(検索したけどそのバグは見当たらなかった・・レアケースとしか言いようがない)
もうご愁傷さまですとしか言いようがない。

あとパッチ入れないお客さんも中にはいるから厄介。
店(このゲームパッチ入れないとヤバいゲームだ・・)

ゲームは色々と複雑化しバグやフリーズはゲームによっては当たり前の世界だ。
それを理解して遊ぶ必要があるのかもしれない・・・
 
 

◆オンライン専用ゲーム返品


ドラクエのオンライン専用のやつは、よくわからない人が買って返品に沢山の人が来る・・
と思われたがそんなにいなかった模様。

とは言えたま~にある。
PS4のオンライン専用も色々なパターンがあって。
認証すればいいだけのやつ、PSプラス必要、ネット速度のよるなど色々。
やってみて「何か違った」と売る人、ごねて返品しようとする人がいたり。


ただ、どんどん皆理解してゲームをするようになったというか・・・
よく分からない人は、手も出さなくなっているのではないだろうか?
私でさえたまに設定面倒だと思うから、知識ない人にはもの凄いハードルだろう。


水は低きに流れていき、人は易きに流れる

分かる人しか買わなくなっているのかもしれない。
ソフトを本体に突っ込んだらゲームを楽しめる時代の消滅はあともう少しだ。
ディスクはDL販売により消え、本体もクラウドゲーミング環境が完備されれば消えるかもしれない。


もう店舗での中古販売は、シェアの縮小もありもうキツイだろうな・・・とはゲーム屋さんの前では言えませんが・・・

そんな時だからこそファミコンミニの存在と人気は、考えさせられるのであった。

スポンサードリンク