*画像は今はなきサカマガ増刊号・選手名鑑より
DSCN3119
今見ると凄いの面子だ。
三浦知良・パク・チソン・遠藤保仁・松井大輔
カズ以外の3人は、まだ20歳ちょとの頃だった。
それでも3人とも結構試合に出ていた。
(00年の選手名鑑を持ってるけどパクは載ってなかった。途中加入だった?)

カズは17得点し、遠藤も5得点といい感じだが・・・
何故降格してしまったのだろうか?

dwadrfr
2000年のJリーグ wikiより

うわぁ~失点数がダントツ1位だ。
最下位の川崎より10多い・・守備がよろしくなかったようだ。

なおGKは、あの・・・

DSCN3112
ドーハの悲劇の松永さんでした。
(30試合中15試合出場、もう一人のGKも15試合出場)

守備は一人でするものではないので、松永さんが悪い訳ではないが・・・
カズにとっては、何とも言えない皮肉な巡り合わせ。
なお松永さんは、この年限りで引退した。

DSCN3110
こういう風に2人隣同士で撮れると嬉しい。
DSCN3106
パクさんは今だったら絶対パクチーって言われてるはず。
2001年の名鑑ないんでこれは2002年の

DSCN3111
今とイメージが違い過ぎるヤットさん。

5選手の京都在籍年数
カズ 1999 - 2000
パク 2000 - 2002
松井 2000 - 2004
遠藤 1999 -2000
松永 1997 - 2000


2013年にJ2落ちしたG大阪の遠藤とカズのフィールドで再会。

 試合前には遠藤と会話する姿も見られたが「久しぶりだったんでね。メンバー表に33歳って書いてあって、ちょうど自分が京都でプレーしていたときと同じ年齢だった。当時の遠藤は19歳とか、20歳かな。ちょうど、当時の僕の年になったのでね。遠藤が、ああやって頑張っているんでね。向こうも、そう思っているでしょうけど(笑)。ああやって頑張っているのは、うれしいですね」と、目を細めた。

http://web.gekisaka.jp/news/detail/?119675-124181-fl


あと監督のゲルト・エンゲルスは、横浜フリューゲルスを最後に監督した人でした。

横浜Fからサテライトコーチ就任のオファーがあり、Jリーグ元年の1993年にコーチに就任した。監督が頻繁に代わる中、彼は一貫してコーチであり続け、1998年はヘッドコーチを務めていたが、10月に前任のカルロス・レシャックの辞任を受け監督に昇格。それからわずか1月後、横浜Fと横浜マリノスが合併し、クラブが事実上消滅することが発表された。動揺が走る中、チームは合併発表以降、リーグ戦、天皇杯のすべての試合に勝利した。

この間、エンゲルスはホームゲーム最終戦のスピーチで「誰でもいい、助けてくれ!」と叫んでアピールするなどクラブ消滅に対して最後まで闘い、天皇杯優勝後も「ドイツではカップ戦で優勝したチームには沢山の企業からスポンサーになりたいとオファーがある。カップ戦優勝チームが消滅するなんてドイツではあり得ない」と語り、日本サッカー界に警鐘を鳴らした。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%AB%E3%82%B9
で、思い出すのは遠藤さんの過去。
daaadadssda
http://photozou.jp/photo/show/3001929/203541157

高校卒業後の1998年に横浜フリューゲルスへ入団。当時の監督カルロス・レシャックから才能を見いだされ、リーグ開幕戦の横浜マリノス戦でいきなりプロデビューを果たし、8月1日の鹿島アントラーズ戦でプロ初得点を挙げ、1年目でリーグ戦16試合に出場するなど順調な滑り出しを果たした。


しかし、同年限りでクラブが消滅したため、手島和希、大島秀夫、辻本茂輝ら他の新人選手とともに1999年に京都パープルサンガへ移籍。当時のチームメイトには三浦知良、パク・チソン、松井大輔等がいた。京都ではレギュラーに定着するも2000年に京都がJ2へ降格したため、2001年にガンバ大阪へ完全移籍した。


https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%A0%E8%97%A4%E4%BF%9D%E4%BB%81
歴史って面白いですね。

99年にGK松永さんが決めたゴールキックゴール動画を載せたかったけど見つからなかった。以前はあったのになぁ

最近の選手名鑑の情報量って凄いよね。個人的には色んな数値が載ってるサカダイ版が好み。

スポンサードリンク