we2017_log
(*有料の神データは、神データではない。


 (1) 必要な物:
 
 ・ USBメモリー
 ・ パソコン(*パソコン無い場合は、漫画喫茶などで)
 ・ オンライン環境(無料PSアカウント)

 (2) 以下エディットデータを2つのデータをダウンロードします。

ちなみにデータの完成度や収録数は、無料データの方が優れています。

① まとめデータ


 (3)
圧縮されているデーターを展開する。
・ 
Windows vist / 7 / 8 / 8.1 / 10 はzipファイルの展開がソフト無しで行えるようです。
vista & 7 でのやり方。/ 8 & 8.1でのやり方。/ 10でのやり方

・ 無料ソフトを使う展開の仕方。
解凍ソフトをダウンロードしてインストール。(使い方はリンク先に有り。
有料データでも必要な知識です。


 (5) 展開するとどれも「WEPES」フォルダがあるので、その中身をUSBメモリー内の「WEPES」に全部入れる。これで有料データと変わらない一括データとなる。
(*有料データは、ここまでの作業で2000円を得ている。)

 (6) PS4にUSBメモリーを挿しこむ(PS4起動後でもOK)

 (7) ウイイレ2017を最新バージョンにする。

 (8)
PS4 ウイイレ2017を起動する。

 (9) 「PSアカウントにサインアップ」

 (10)「エディット」を選択。

 
(11) 「データ管理」⇒ 「チームインポート」⇒ 四角ボタンを押し全チーム選択し一番上の「次へ」を押す。

 (12) 詳細設定の「選手情報、在籍情報を適用する」はチェックを入れます。
「インポート先のチームを選択する」はチェックを入れない。

 (13) インポートの終了を待つ。

 (14) インポートされたエディットデータをセーブします。
*:15チームづつ入れる場合は、その都度セーブしましょう。もしエラーが出てもセーブしたところから再開できますので、インポートするつどセーブするのが安全です。

 (15) リーグ名や大会ロゴの実名化を自分で行う。(有料データも同じ)

 ・ 大会・リーグロゴ画像パック
http://www.mediafire.com/file/sp93kry3p4i80i5/Competiciones.rar

関連:リーグ名 カップ名 リネーム
関連:個別ユニフォーム&ロゴ画像(kit画像)導入方法

*注意:エディットデータ適用後は、エディットライブアップデートは行わないでください。ブンデスやJリーグなどの新規作成チームがおかしくなります。

*:一番簡単な説明をするためにエディットライブアップデートは回避いたしました。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。

スポンサードリンク