発売が近づくと、EA独占情報(なんちゃらパートナー)⇒ ウイイレでOOが偽名確定(誤報)!⇒ 結果ライセンス有りのコンボ祭りの季節です。

今回ユーヴェの偽名確定の噂の出所は、まず
EA SPORTS、ユベントスの公式スポーツ・ビデオ・ゲーム・パートナーとなります


スマホアプリ「ワールドサッカーコレクション」のユーヴェがノーライセンス。
dwdadwfr
=ユヴェントス偽名確定。

という方程式でしょうか?

ワサコレとウイイレのライセンスは同じではなく
ウイイレでは実名のマンチェスターUは、ワサコレでは偽名です。

ワールドサッカーコレクション非実名チームリスト

上記方程式で「偽名・ライセンス確定」を決めますと・・・

リーガ・エスパニョーラ= ライセンス有り
スコットランドリーグ= ライセンス有り&新収録
スイスリーグ= 一部偽名で新収録
など


*:スコットランドリーグは、2014までのライセンスでした。失礼しました。
ワールドサッカーコレクションチームリスト

となるのですが・・・

ワサコレとウイイレは、別のゲームです。ライセンス・収録リーグ・チームにも違いがあります。

ちなみに、この偽名ユーヴェがワサコレに登場したのは2016年06月07日ごろのようです。
いつの間にかユベントスがPMブラックホワイトになってる


dwdadw
ウイイレ2017wiki
このwikiを書いた方が、コナミの方なら「偽名確定」とも言えるのですが・・・
(毎作書かれるウイイレのwiki。情報満載で大変お世話になってます。感謝感謝)

多くの企業はプラスのことは、大々的に発表しますが、マイナスの事はギリギリまで発表しないものです。
実現が難しいブンデスなどは、「聞かれれば」今作も難しいと答えますが
前作まで出来ていたことを、自ら早期に「ライセンスとれませんでした。」とは発表しません。


ウイイレ2017は、このような状況を見るとたしかにユヴェントスの偽名が濃厚のように感じます。
実際偽名かもしれません。しかしだからと言って「確定」ではない。
公式発表でのチームリストの公開による「確定」情報が待たれます。

関連: [ウイイレFIFA] ライセンス独占の範囲「何の独占なのか?」繰り返される偽名確定誤報。


ウィキペディア:その信頼性と社会的役割

3. 信頼性調査

ウィキペディアは信頼性が要求される百科事典であり,オンラインであること,誰でも編集できることから,その信頼性はしばしば批判の対象となってきた。

ウィキペディアの信頼性に関する調査は少なくなく,よく知られた『ネイチャー』のものなど本格的な調査が英語版についてはあるが,日本語版に関してはほぼ見当たらない。

信頼性についての調査で,比較的最近のものとしては,2009年12月に実施されたヤフーバリューインサイト株式会社による「情報メディアに関する調査」,2010年4月に実施された株式会社ドゥ・ハウスによる「情報メディアに関する利用実態調査」があり,結果の一部を公開している。ヤフーバリューインサイトの調査では「フリー百科事典」の信頼度はテレビや雑誌を上回る。一方,ドゥ・ハウスではテレビやラジオに劣り雑誌を上回るという結果になっている。専門的な知識を持つ者による全般的な評価としては,「人文リソースサイト アリアドネ」が2006年(3月1日開始,3月19日02:55:31最終回答)に行ったアンケート7)で「基本的に正確: 26 / 問題が多い: 33 / どちらともいえない: 18」という結果があり,長塚隆と神野こずえによる2011年の「学生におけるWikipedia日本語版の利用動向」から司書講習受講者の回答として「信頼できる: 2.3% / どちらともいえない: 84.1% / 信用していない: 13.6%」という結果を得ている。内容の正確さについて検証を行ったものとしては,現在閲覧できないが,「グループ研究レポート」として以前公開されていた2008年の樫原ほか「Wikipediaの評価」が,おそらく唯一のものだろう。ランダムに選んで2007年12月11日21~22時にダウンロードした162記事中,紙媒体の事典または公式ホームページで検証可能な114記事について固有名詞・年号の正誤を調査し,「100パーセント信頼できるとは言い切れない点が少なからずあることも考慮しなければならない」という留保を付けつつ,結論としては「Wikipediaは信頼できる」としている。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/johokanri/55/1/55_1_2/_html/-char/ja/#sec04

スポンサードリンク