私はあんまり強豪国同士のサッカーは好みません。(展開によりますが)
ミスが少なく、膠着状態になりやすいので。
点が入ると大きく動き出したりしますが・・・

前回のEUROでは、見た試合がことごとく膠着試合ばかりだったので、途中で興味を失ってしまいました。
好みは、ウェールズvsベルギーやポルトガルvsハンガリーのようなドラマを感じる試合。
はい。にわかです。

今年のEUROから大きく出場国が増え上のような試合が増えました。
色んな弱中小の国が入り乱れるW杯のような試合が。
W杯好きの自分としては試合面は楽しくなり嬉しいのですが・・・

気になったのは、本戦リーグから決勝トーナメントに行くチームの数。
予選54チーム⇒ 本戦リーグ24チーム⇒ 決勝トーナメント16チーム
3位チームの多くが決勝トーナメント進めるのってどうなのかな~と思った。

82W杯みたいな2次リーグ方式が頭をよぎったけど、過密日程&不平等が生まれるようなので、24チームだとこの方式しかなかったのかなと・・・

EUROはどの試合もレベルが高いと言われ、先のイタリアvsドイツ戦が好きな人は今回の出場数や大会方式はどう思うのでしょうか?

んで試合の感想は、上に書いたとおりなんですが、録画設定をミスってPK戦がちゃんと見れませんでした。
世界No.1同士GKのPK対決ちゃんと見たかった・・・。

しかしイタリアは窮地に強いですね。ドイツはイタリア専用の守備戦術でようやく呪縛が・・・
でもPK戦で引き分け扱いだし、イタリアは重要選手が複数欠場してたから・・・
今のドイツの完成度からすると、やっぱりイタリアが苦手なんでしょうね。



<「サッカーはミスのスポーツ」>

かのヨハン・クライフの言葉。
「両チームミスがなければ、0対0で終わり。」

EUROは録画で見たんですが、その前にリアルタイムで「フットブレイン」を見ました。
Jリーグ特集でした。んでスーパーゴール集があったんですが

鈴木啓太が「やっぱり守備の方を見てしまう。」
「これが本当にスーパーゴールかDFのミスかを見てしまう。」
「今のミドルはDFは、どうしようもないからスーパーゴール。」
(*あくまでもこんなようなこと言ってたで、全文同じじゃない。と思う。)

なるほど~と思いました。
ポジションによって見方が違って面白いなぁと。

FIFA好きの人は、崩すサッカーってよく言うけどこういう事なのかな~と
視点が違う。「香川、本田ゴール!わーい」とは違いますね。

私は「香川、本田ゴール!わーい」なんですが・・・
ウイイレの良さは、リアルを再現するのではなく、気持ちいい部分を抽出してゲームにしているとこ

なんで今回のドイツvsイタリア戦はFIFAぽい試合だったなぁ~と
(全試合がこうではなく。あくまでも基本はって意味です。崩しにくさ。何故か大量に撃ち合う試合になることもあります。)


スポンサードリンク