dddd

精神力とチームの連携や戦術の大事さがよく分かる試合だった。

ウェールズは、数少ない有力選手であるチームの柱数本の選手を中心に上手くまとまってる感じ。
一方ベルギーは、散漫な印象。

昔の伏兵時代のベルギーは、今のウェールズ的な印象だった。
チームの柱(歴代でクレーマンス、シーフォ、ヴィルモッツなど)を中心に上手くまとまって強豪国を苦しめました。

現在は逆にチームは数多くの有力選手がいる。
かつてのお山の大将中心サッカーから、お山の大将点在サッカー?岡田さんがアザール、デフライネが守備にいかないのを指摘されてた。(チェルシーでは守備してるからそういう戦術なのかな・・とも言っていた)
「アザールは自分が輝こうとしてる。」

一方のベイルはポジションを、クライフ?ってくらい変えてましたね。時には黒子になる。
特に2点目の起点となるサイドバック位置からのロングパスは印象的でした。


ベルギーの1点目のナインゴランのミドルのシュートスピード&コースは凄かった。
選手の力はベルギーが上だけど負けた。
ベルギーはまだ実力者を揃えたサッカー戦術が熟していないのかなと思った。
それが今後上手く行けば、イタリア、フランス級になれるのかな。

準決は、ポルトガルvsウェールズか・・・Cロナとベイルの対決が見れるとは・・
たまらんのう~超楽しみだ。

コナミが結構前にEUROベイルゴール集をウイイレで再現してる動画をアップしてました。


ウェールズ優勝したらパケ永久保存目的でウェールズで爆売れか!?


<たまにジョークを言うお茶目な岡田さん>
http://soccer-soku.net/wp-content/uploads/2015/02/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%A9%E3%83%B3.png
http://soccer-soku.net/wp-content/uploads/2015/02/%E3%83%8A%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%A9%E3%83%B3.png

岡田「これナインゴランの頭ってヘディングしても潰れないですかね」
松木「www」
アナ「そおですねぇ~」
松木「まあデコでするからね。あそこではいいヘディングにはならない」
岡田「なるほど」
アナ「耐久性はあるかもしれませんね」


http://livedoor.blogimg.jp/kaskas55/imgs/a/f/af13431f-s.jpg

フェライニがイエロー貰った後、再びファールして
岡田「彼はただでさえ目立つのに・・」


岡田「今年のユーロの決勝はウェールズvsアイスランド・・」

スポンサードリンク