AFC CL チーム総合値平均
1.浦和レッズ          72
2.鹿島アントラーズ 71
3.柏レイゾル          71
4.ガンバ大阪         70
----------------------------
5.アル・アイン        67
6.北京国安            67
7.アル・ヒラル        66
8.アル・シャバブ     66
9.FCソウル           66
0.広州恒大            66

上はチーム所属選手の平均総合値。
Jリーグのチームがベスト4に揃った。
この総合値平均72は他リーグでは
どれくらいの位置づけになるのか調査。

プレミアチーム総合値平均
16.スフォンジー    72
17.レスター          71
18.ノリッジ           70
19.ワドフォード     67
20.ボーンマス      66

セリエAでは 14位
リーグ1は 8位
リーガは 12位
エールは 4位。(ハーフナー活躍したからな・・)
ポルトガルは 4位
ブラジルは 2位。(えっ!?)
アルゼンチンは 2位。(・・・)
チリはぶっちぎり 1位
1.Universidad de Chile     69
2.Santiago Wanderers     69
3.Colo-Colo                      68
(関係ないかもしれないがペルーで活躍する澤昌克を思い出す。)    

2015のアジアチームが弱すぎたとはいえ
何か強すぎるような・・・


ちなみに2015でのアジアチームは・・

AFC CL チーム総合値平均
1.セレッソ大阪                  67(+5)
2.横浜Fマリノス                67(+4)
3.エステグラル                  66(+5)
4.川崎フロンターレ            66(+4)
------------------------------------
5.サンフレッチェ広島         63(+4)
6.アル・アイン                   63(+4)
7.セントラル・コースト         66(+0)
8.広州恒大                       63(+3)
9. メルボルン・ビクトリー    62(+4)
0.アル・シャバブ                62(+4)

()は2016のランキングとの数値差。
初めはJだけが特別扱いを受けてると
思ったが、こうして比較すると
アジアチーム全体が底上げされてたのか・・

総合値の算出の仕方は2015とは
違うかもしれないし、フィジカルより
テクニックの方が総合値に反映される
かもしれないので、総合値だけでは
単純な強さは分からない。

とりあえすJ含めアジアは強化されているようだ。
総合値は



スポンサードリンク