WC1958ブラジル
フェオラ(ブラジル)


■オフェンシブ戦術

フォーメーション:4-2-4(DMx2,WGx2)
攻撃タイプ  :カウンター
ビルドアップ :ロングパス
攻撃エリア  :サイド攻撃
ポジショニング:流動的
攻撃人数   :中

■ディフェンス戦術

守備タイプ  :フォアチェック
追い込み範囲 :中央
プレッシング :アグレッシブ
DFライン高さ:高い
コンパクトネス:中
守備人数   :多
4-2-4とはサッカーのフォーメーションのひとつである。 1930年代から1958年ワールドカップまで、サッカーのフォーメーションはWMフォーメーションが隆盛を極めていたが、1958年ワールドカップでブラジルが独創的な4-2-4フォーメーションを用いて優勝した。これによりWMフォーメーションの時代は終わり、4-2-4や4-3-3が主流となっていった。また、それ以前は新しい戦術は全てヨーロッパで開発されてきたが、初めてヨーロッパ以外の地域から生まれた戦術である。

4-2-4で特筆すべきことはWMフォーメーションの完全分業制を壊したことである。中盤が攻守を兼業することに加えて、ブラジルは独特のラテン気質のせいもあって、ポジションに縛られないサッカーも展開した。これにより、各ポジションが攻守に貢献すべきという考えが生まれ、全員攻撃・全員守備を行うことが重要視されることとなった。これは後にディフェンダーのオーバーラップやフォワードの前線からの守備などを生み出すきっかけとなった。また、この流れは74年ワールドカップの全員攻撃・全員守備を戦術化したオランダのトータルフットボールにつながったといえるだろう。

近代においてはACシエナやASバーリ、アタランタBC、ユヴェントスFCなどを率いたアントニオ・コンテがこのシステムを主として採用、一種のトレードマークとして認知されていた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/4-2-4

スポンサードリンク